ダイエット効果のある成分(L-カルニチン)

ダイエットに興味のある人なら、一度は聞いたこのとのある成分といえばL-カルニチンではないでしょうか。
ダイエット効果が高いと言われるこの成分はサプリメントにもなっている人気成分。
そんな注目度の高いL-カルニチンのダイエット効果とはどのようなものなのでしょうか。

L-カルニチンとは

L-カルニチンとはアミノ酸の一種です。
脂肪を燃焼させる働きがあるとして、ダイエットサプリメントとしても絶大な人気を集めている成分です。
L-カルニチンは肝臓によって合成されますが、年齢とともにそのカルニチンレベルは減少していくため、
ダイエット中の人は効果的に摂取していく必要があります。
また、脂肪を燃焼させることで、血栓が出来るのを予防し、動脈硬化を防ぐ働きも持っています。

L-カルニチンのダイエット効果

L-カルニチンの働きにおいて、もっとも大きな働きと言えば脂肪燃焼効果でしょう。
L-カルニチンは脂肪を運び燃焼させることによってエネルギーに変え、余分な脂肪が付きにくい体にしてくれます。
そのためダイエット効果が高くなると言われています。
脂肪をすばやくエネルギーに変えることによって、脂肪燃焼効果だけではなく、スタミナアップ効果も併せ持つ、
そんな成分だと言えるでしょう。

L-カルニチンの摂取法

L-カルニチンは主にヤギ肉、羊肉、牛肉などの肉類に多く含まれています。
1日に約10mg~20mg程度、体内で常に体内合成し生み出されています。
日本人は通常の食事によりだいたい70mg~80mg程度のL-カルニチンを摂取していると言われていますが、
ダイエット目的であれば200mg以上は摂取したいところです。
L-カルニチンは継続して続ければ続けるほど効果を発揮する成分であり、瞬発力はあまりありません。
そのため長く続けることが大切です。

参考:L-カルニチンの効果的な摂り方